即日審査で過払いがあったらどうするの?

Posted by – 2014年4月24日

即日審査を扱う消費者金融では、貸金業法という法律を利用して、利用者と会社を守っています。この法律は平成15年に改正されたのですが、一部の消費者金融で法定金利以上の金利を適用していたことが、依然大きな問題となりました。


即日審査の利用履歴を確認

即日審査を過去に利用していた、利息が非常に高かったという記憶がある人は、過去の利用履歴を確認してみましょう。法律では、キャッシング会社が利用者の履歴を過去10年間以上、保存することが義務になっていますから、今、明細が手元にない場合も、問い合わせを行うことで、当時の履歴を開示してもらうことができます。金額に制限は出ますが、司法書士でも対応できることもあります。


140万円以下が司法書士に対応できる金額

法律では、140万円以下の額面であれば、司法書士が代理で請求などを行えるとしているそうです。これを超えると家庭裁判所などに司法書士は代理人として立つことができなくなりますから、額が大きい人は最初から弁護士に頼むといいでしょう。即日審査は多くがインターネット上の手続きだけで利用できるようになっていますが、明細の控えや返済にかかった総額などは自分でもメモに残すことで知らないうちにお金を払っていたということも減るそうですよ。

Closed